HOME>人気記事>歯は綺麗な方がいい!歯の見た目を改善させるのが審美歯科

歯科治療の中には歯を綺麗に整える治療方法もある

歯科治療の中では、歯科疾患を治すための治療の他、歯を綺麗に見せるために整える治療分野があります。一般的に「審美歯科(しんびしか)」と呼ばれており、健康保険が使えない自由診療での治療となります。歯並びを整える他、歯の色を変える等の治療が可能です。

比較して分かる違い!審美歯科と矯正歯科

歯並びの治療目的で矯正する矯正歯科

矯正歯科は、発音をスムーズにするためや噛み合わせを作り食べ物の咀嚼を促す等の医療的観点から矯正を行う歯科医院です。小児の矯正に関しては保険診療が可能な場合があり、届出がある矯正歯科でしか治療が受けられません。

美しさを追求するお手伝いをする審美歯科

歯並びによって日常生活に支障は出ないけれど、見た目を気にする方が利用するのが審美歯科です。八重歯などを抜いて歯並びを整えます。中には歯を白く見せるための治療や、虫歯治療痕にビジューを埋める等の治療を施すこともあります。

歯は綺麗な方がいい!歯の見た目を改善させるのが審美歯科

レディ

審美歯科では歯を綺麗にするために様々な素材を使っている

審美歯科では、患者が求める口の中の美しさを追求するお手伝いを行っています。特に歯並びを綺麗にするための矯正にセラミックを用いて「目立たずに治療ができる」手伝いも行っていますし、レジンなどの目立たない樹脂を用いた補綴も行います。
また、薬品を使って歯の表面に薬剤をコーディングするなど白さを求めるためのホワイトニングなども一般的です。

審美歯科で歯を綺麗にするための流れ

医療器具

カウンセリングで悩みを相談

患者の悩みをカウンセリングで聞き取り、治療方針を確立します。

まずは口腔衛生を保つための治療

口腔衛生を保つために、治療を行う前に虫歯治療や歯周病治療を行います。

治療に入り、定期的に通院

審美的治療を行います。時間がかかる治療が多いため定期的に通院する必要が出てくるでしょう。

治療終了後も定期的にメンテナンス

治療完了後も美しい状態をキープできるよう定期的に通院しましょう。